道路交通法の目的を正しく理解する

???? Vol.128 ???????????

道路交通法は、道路における自動車や自転車、原動機付き自転車、歩行者などのルールを定めた法律です。

その目的は、道路における危険を防止し、交通事故による障害を防ぐ、というものです。実際、道路はモータリゼーションの進歩によって、歩行者や自転車だけでなく、原付バイクや自動二輪、そして自動車などが走るようになっています。

そのため、特に自動車やオートバイはスピードを出せますので、事故が起きてしまえば深刻な結果を招きかねません。そういった交通事故を防ぐ、という目的があるのです。

特に注意が求められるのが乗用車やトラック、バスなどの自動車です。自動車は鉄などでできた頑丈な車体を持ちますので、重量が重くなり、歩行者や他の車両との事故ではダメージが大きくなってしまうからです。

自動車の事故が発生しやすいのは交差点や見通しの悪い道路(路地など)です。交差点は歩行者や自転車なども多く、車にとっては要注意ポイントです。安全確認をしっかり行い、曲がる際には原則をしっかりします。

路地などでは一時停止が求められる側はしっかり停止して、左右を確認して他の車や自転車などが来ていないかを確認します。

一本道でも意外と事故は多いので、無理なスピードで走るのはやめましょう。