赤信号で気をつけるべきこと

現在車による交通事故が多発していますが、その交通事故において最も多い場所というのが信号機のある交差点です。本来子信号機のある交差点は車と歩行者がわたりやすいように設置してあるのですが、この信号機のある交差点で事故が多発する理由には信号機の役割が運転手の意識に入らないことで引き起こされます。まず信号機には赤と黄色と青があり、まず青色の信号の際には直進はそのままでいけますが左右に行く際には歩行者に気をつけて運転する必要があります。そして黄色の場合には直進する場合には停止ですが、その前の段階で左右に曲がる際に交差点に侵入して停止していた際には直進車と渡ろうとする歩行者に気をつけて運転します。そして赤信号の場合には必ず停止が原則ですが、その際に黄色の段階で交差点に進入していて直進車や歩行者がいた場合で曲がれなかった際には青信号に切り替わるまで時間差があるため曲がることが出来ます。しかしこの黄色と赤色の信号のルールが似ていることによる役割が混合してしまうことが事故が多い理由です。そのため運転マナーにおいて青信号から黄色に切り替わる段階には周りを見渡すと歩行者の信号機が切り替わるので、その信号機が切り替わっているのが見えたら減速することが重要です。

コメントは受け付けていません。