‘未分類’ カテゴリーのアーカイブ

黄信号で気をつけるべきこと

2015/04/24

運転中に交差点を通過する時、信号をしっかりと確認する必要があります。
黄信号の時が一番注意が必要となります。
赤は停止、青は走行、黄色は安全確認をした後に停止することにより後ろの車に危険が及ぶとなれば、急ブレーキをかけることなく速やかに交差点内から出るというのが正しい方法で、100メートル以上もの距離があり、交差点に入る時点で赤になることが分かっているような状態であれば、スピードを落とし、停止するというのが正しく、走行するか停止するかは、その時の状況にも左右されます。
ただ、黄色は運転者に危険を促すサインであり、歩行者の信号機では、青信号の点滅時と同様です。
基本的に、黄色の場合で走行しても違反とはならず、しかしながら黄色を確認したのちに無理にスピードを上げて、挙句の果に事故を引き起こした場合、過失割合において不利となることがあります。
自動車用の信号機が黄色があり、青点滅が無い理由に自動車は、歩行者と違い交差点の通過速度が速いことから、青と赤の間のタイムラグを黄色として、運転者にゆとりを持った運転をさせるために黄色を間に挟んでいるのです。
大型の交差点で右折をする場合に、黄色になると速度を上げ暴走して交差点を通過することがありますが、交差点に進入した時点で赤となっいれば違反点数が加点されます。炎02

青信号は進め!ではない 

2015/04/24

信号機の赤色・黄色・青色は、赤色は停止、黄色は、停止できる十分な距離がない場合、基本的に走行は可でも、交差点内に入る時点で赤色に変わることが想定される距離であれば、状況判断で停止と走行に分かれ、青信号に関しては走行が可能ということが、一般的な概念として知られています。
青が進むことができるのは常識ですが、必ずしも走行して良いとは限りません。
と言うのも、パトカーや救急車に消防車などの緊急車両の場合、回転灯を回し、サイレンを鳴らしている状態で、安全確認後に赤信号でも交差点に進入することが許されており、その場合、他の車両は進行方向の信号機が青であっても停止する義務があり、また、目の不自由な人が誤って赤で歩行しているような場合でも停止する義務があるのです。
青で進むことができるのは、概念上普通のことですが、危険と判断される場合や優先車両が交差点に安全確認を行った後に進入してきた場合は、必ずしも青が進めではないことを理解しておくとよいです。
また、右折レーンに居る時、右折側を横断する歩行者がいる場合では、歩行者優先であるため、停止して対向車がいない安全に走行できる状態でなければ、進行方向の信号機が青でも走行はできないです。

赤信号で気をつけるべきこと

2015/04/24

現在車による交通事故が多発していますが、その交通事故において最も多い場所というのが信号機のある交差点です。本来子信号機のある交差点は車と歩行者がわたりやすいように設置してあるのですが、この信号機のある交差点で事故が多発する理由には信号機の役割が運転手の意識に入らないことで引き起こされます。まず信号機には赤と黄色と青があり、まず青色の信号の際には直進はそのままでいけますが左右に行く際には歩行者に気をつけて運転する必要があります。そして黄色の場合には直進する場合には停止ですが、その前の段階で左右に曲がる際に交差点に侵入して停止していた際には直進車と渡ろうとする歩行者に気をつけて運転します。そして赤信号の場合には必ず停止が原則ですが、その際に黄色の段階で交差点に進入していて直進車や歩行者がいた場合で曲がれなかった際には青信号に切り替わるまで時間差があるため曲がることが出来ます。しかしこの黄色と赤色の信号のルールが似ていることによる役割が混合してしまうことが事故が多い理由です。そのため運転マナーにおいて青信号から黄色に切り替わる段階には周りを見渡すと歩行者の信号機が切り替わるので、その信号機が切り替わっているのが見えたら減速することが重要です。

赤、青、黄信号のそれぞれの意味を理解しよう

2015/04/24

自動車の交通ルールの中で、信号の色のはっきりとした意味を理解されていないことが多くあります。例えば、青信号の場合、進めと理解されているとことが多くありますが、実際には進めではなく、進むことができるという意味なのです。いくら青信号だからと言って、どんな状況でも渡っていいわけではありません。なので青信号になったと同時に進めという意味ではなく、進むことができるが周りに注意しようという意味なのです。また、黄信号の場合は注意という意味で、安全なかたちで止まれそうだったら止まるという意味です。ただし、信号機ギリギリで黄になってしまった場合や、急ブレーキをかけなければ止まれないという状況ならば、後車との衝突の恐れもあるので渡ってしまった方がいいのです。赤信号は止まれの意味です。基本的に、どんな状況であっても緊急の時以外は止まるのが原則です。運転者として、認識しておかなければならないのが、信号機に頼ってはいけないということです。信号機に頼って事故を起こしてしまっても、信号機のせいにはできません。全て自己責任となってしまいます。なので走行中は信号機を見ながら、常に周りの状況を気にしながら運転する必要があります。炎01

信号の種類と意味をおさらい

2015/04/24

信号機は技術の進歩と変化があるので、種類や違いを知る事が運転手の新しい知識として必要です。
従来からある方式と共通する信号は、赤が飛び出しの危険を警告する色で、車の通行がある状態ですから、無条件に飛び出さない事が大切です。
信号の見易さが重要な要素なので、角度や距離を限定しない明るさが大切ですし、車の運転手だけではなく歩行者にとっても見逃さない信号が役立ちます。
消費電力を抑えた新しい信号の種類は、発光の性能が飛躍的に向上しているので、特定の色を表現する事が得意ですし、周囲の光から受ける影響が小さい事で見易くなります。
広範囲で従来の設備と入れ替える事が出来れば、全体の電力に発生する無駄を削減出来ますし、環境に対して与える影響が小さくなるので、国内外で採用される事が多くなります。
季節に関わらず見易い事が求められますが、消費電力が小さくなった事で発熱量も減少していますから、冬場の影響が懸念されていますし、雪が付着した場合に溶けない事が問題になります。
対処法は考えられていますし、電気を使わず解決する事で無駄は抑えられますから、見易さと電力消費の無駄を省く両面で活用される事で、安全の交通を実現する事に繋がります。

障害(交通公害)の防止を図る 

2015/04/24

交通公害とは、自動車・オートバイ・飛行機・船等の交通機関が原因で、騒音・振動・大気汚染などの問題が生じ、住民の健康や環境に被害が及ぶことです。
防止対策として、国は最高速度や積載制限などの規制・公害情報の収集・公害防止のための研究開発・新交通システムの導入・公害対策基本法の施行・道路運送車両法の保安基準の改正・有効な廃車処理システムの確立などを進めています。
しかし、交通公害はドライバー個人でも抑制することが出来ます。例えば、空ぶかし・急発進・急加速、急ブレーキ・急ハンドルをしないことは、エコドライブや安全運転にもつながります。
急発進から、穏やかにアクセルを踏んで発進させるだけで、燃費は10%程度改善します。
車間距離を空けることで、ムダな加速や減速が減り、燃費が改善します。
早めにアクセルを離すだけで、燃費は2%程度改善します。
車のエアコンの設定温度を冷やし過ぎない、暖房の際はエアコンスイッチをオフにする、無駄なアイドリングは止める、タイヤの空気圧を適正値にする、トランクに不要なものを置きっぱなしにしない、交通の妨げになる駐車をしない、これらをするだけでも燃費は向上し、環境への負荷も軽減します。

交通の円滑を図る

2015/04/24

自動車で街を走る時に気を付けたいことと言えば、何と言っても安全です。気の緩みやいい加減な意識から事故が起きるということがあってはなりません。皆が安全に走行するためには、各々が真剣な気持ちで運転をすることがとても大切になってきます。また、安全以外にも大切なことがあります。それは、交通の円滑を図るというものです。グズグズした動きやルールの理解力不足、周りへの配慮の足りなさで人に迷惑をかけて渋滞の発端となったり、最悪事故につながる可能性もあります。
例えば、ボーッとしながら運転するのは大変危険ですし、信号の矢印を見落として右折や左折できるところを停止したままでいることで、後続の車に迷惑をかけてしまうことがあります。
また、通りから住居や施設へ乗り入れる際に、歩道で歩行者とタイミングが合い、変な動きをしてしまうことで、優先である歩行者が戸惑ってしまうことがあります。こういった場面でも円滑さが損なわれ、危険な状態にもなりがちです。
最近よくある動きで言うと、スマートフォンの操作をしながらの運転です。こういった行為は、人命に関わるかもしれない大変危険なもので、絶対にやってはなりません。また、判断力の遅れにつながり、やはり円滑な移動の妨げとなり、何も良いことはありません。???? Vol.68 ?????????

交通の安全を図る

2015/04/24

自動車で街を走るということは、責任が伴います。自分の家の敷地内を走るわけではありませんから、勝手な振る舞いは許されません。道路標識を守って安全に気を付けて運転する必要があります。
交通ルールを守ることで、自分が円滑に移動することができるだけでなく、安全に移動することができます。そして、そのきちんとした行いが周りの人を助ける結果にもなります。
運転中は、ちょっとした気のゆるみが大きな事故につながることがあります。「このぐらいスピードを出しても大丈夫だろう」「ちょっとの間ならこの辺に止めておいても平気だろう」といった軽い考えでマナーを守らないことで、事故を誘発してしまうかもしれません。
また、停止線をはみ出して止まったり、出入口のため空けておくべきスペースに侵入して信号待ちの状態に入ることで、角を曲がり切れない大型車や通りに出られない車が出てくることがあります。車の運転と言うのは、いつでもどこでも前に前に詰めていけば良いという単純なものではありません。線をはみ出して止まったところで、大した差はありません。車間距離が近ければ危険ですし、他の車が通れなくなるという不便さが生まれることもあります。
周りの人のことを考えて、みんなが困らないような運転を心がけることが、円滑さと安全につながります。

危険を防止

2015/04/24

???? Vol.128 ???????????路交通法があり全ての自動車運転手はその法律を守らなければなりません。全ての人が法律を守っているわけではありませんが、最低限守らなければならない道路交通法もあります。速度超過や一旦停止、信号を守ることなどが最も重要な位置づけです。道路交通法を守っていれば余程のことがない限り事故を起こすことはありません。道路交通法の目的はドライバーと歩行者や自転車などとの危険性を排除することです。事故を起こすということは加害者被害者とも大きな負担を強いられるものです。少しでも危険防止をしたいと考えるのならば道路交通法を順守すべきです。法律なのですから当然守らなければなりません。少しくらい速度オーバーをしても構わない、道路交通法を守っていたら快適な走行もできないと考える人は多いですが、万が一の事故のことを考えますと法律を守り安全運転をしなければならないのです。さまざまな性格で運転する際の心がけなどは人によって全く異なります。警察はさまざまな自動車に関する見張りをしています。少しぐらいなら法律を犯しても良いなどと考えているような人は、いつどのような状態で事故に巻き込まれるかわかりません。危険を少しでも防止したいのならば法律を守るようにすべきです。