赤、青、黄信号のそれぞれの意味を理解しよう

自動車の交通ルールの中で、信号の色のはっきりとした意味を理解されていないことが多くあります。例えば、青信号の場合、進めと理解されているとことが多くありますが、実際には進めではなく、進むことができるという意味なのです。いくら青信号だからと言って、どんな状況でも渡っていいわけではありません。なので青信号になったと同時に進めという意味ではなく、進むことができるが周りに注意しようという意味なのです。また、黄信号の場合は注意という意味で、安全なかたちで止まれそうだったら止まるという意味です。ただし、信号機ギリギリで黄になってしまった場合や、急ブレーキをかけなければ止まれないという状況ならば、後車との衝突の恐れもあるので渡ってしまった方がいいのです。赤信号は止まれの意味です。基本的に、どんな状況であっても緊急の時以外は止まるのが原則です。運転者として、認識しておかなければならないのが、信号機に頼ってはいけないということです。信号機に頼って事故を起こしてしまっても、信号機のせいにはできません。全て自己責任となってしまいます。なので走行中は信号機を見ながら、常に周りの状況を気にしながら運転する必要があります。炎01

コメントは受け付けていません。