黄信号で気をつけるべきこと

運転中に交差点を通過する時、信号をしっかりと確認する必要があります。
黄信号の時が一番注意が必要となります。
赤は停止、青は走行、黄色は安全確認をした後に停止することにより後ろの車に危険が及ぶとなれば、急ブレーキをかけることなく速やかに交差点内から出るというのが正しい方法で、100メートル以上もの距離があり、交差点に入る時点で赤になることが分かっているような状態であれば、スピードを落とし、停止するというのが正しく、走行するか停止するかは、その時の状況にも左右されます。
ただ、黄色は運転者に危険を促すサインであり、歩行者の信号機では、青信号の点滅時と同様です。
基本的に、黄色の場合で走行しても違反とはならず、しかしながら黄色を確認したのちに無理にスピードを上げて、挙句の果に事故を引き起こした場合、過失割合において不利となることがあります。
自動車用の信号機が黄色があり、青点滅が無い理由に自動車は、歩行者と違い交差点の通過速度が速いことから、青と赤の間のタイムラグを黄色として、運転者にゆとりを持った運転をさせるために黄色を間に挟んでいるのです。
大型の交差点で右折をする場合に、黄色になると速度を上げ暴走して交差点を通過することがありますが、交差点に進入した時点で赤となっいれば違反点数が加点されます。炎02

コメントは受け付けていません。