交通の安全を図る

自動車で街を走るということは、責任が伴います。自分の家の敷地内を走るわけではありませんから、勝手な振る舞いは許されません。道路標識を守って安全に気を付けて運転する必要があります。
交通ルールを守ることで、自分が円滑に移動することができるだけでなく、安全に移動することができます。そして、そのきちんとした行いが周りの人を助ける結果にもなります。
運転中は、ちょっとした気のゆるみが大きな事故につながることがあります。「このぐらいスピードを出しても大丈夫だろう」「ちょっとの間ならこの辺に止めておいても平気だろう」といった軽い考えでマナーを守らないことで、事故を誘発してしまうかもしれません。
また、停止線をはみ出して止まったり、出入口のため空けておくべきスペースに侵入して信号待ちの状態に入ることで、角を曲がり切れない大型車や通りに出られない車が出てくることがあります。車の運転と言うのは、いつでもどこでも前に前に詰めていけば良いという単純なものではありません。線をはみ出して止まったところで、大した差はありません。車間距離が近ければ危険ですし、他の車が通れなくなるという不便さが生まれることもあります。
周りの人のことを考えて、みんなが困らないような運転を心がけることが、円滑さと安全につながります。

コメントは受け付けていません。