交通の円滑を図る

自動車で街を走る時に気を付けたいことと言えば、何と言っても安全です。気の緩みやいい加減な意識から事故が起きるということがあってはなりません。皆が安全に走行するためには、各々が真剣な気持ちで運転をすることがとても大切になってきます。また、安全以外にも大切なことがあります。それは、交通の円滑を図るというものです。グズグズした動きやルールの理解力不足、周りへの配慮の足りなさで人に迷惑をかけて渋滞の発端となったり、最悪事故につながる可能性もあります。
例えば、ボーッとしながら運転するのは大変危険ですし、信号の矢印を見落として右折や左折できるところを停止したままでいることで、後続の車に迷惑をかけてしまうことがあります。
また、通りから住居や施設へ乗り入れる際に、歩道で歩行者とタイミングが合い、変な動きをしてしまうことで、優先である歩行者が戸惑ってしまうことがあります。こういった場面でも円滑さが損なわれ、危険な状態にもなりがちです。
最近よくある動きで言うと、スマートフォンの操作をしながらの運転です。こういった行為は、人命に関わるかもしれない大変危険なもので、絶対にやってはなりません。また、判断力の遅れにつながり、やはり円滑な移動の妨げとなり、何も良いことはありません。???? Vol.68 ?????????

コメントは受け付けていません。