信号の種類と意味をおさらい

信号機は技術の進歩と変化があるので、種類や違いを知る事が運転手の新しい知識として必要です。
従来からある方式と共通する信号は、赤が飛び出しの危険を警告する色で、車の通行がある状態ですから、無条件に飛び出さない事が大切です。
信号の見易さが重要な要素なので、角度や距離を限定しない明るさが大切ですし、車の運転手だけではなく歩行者にとっても見逃さない信号が役立ちます。
消費電力を抑えた新しい信号の種類は、発光の性能が飛躍的に向上しているので、特定の色を表現する事が得意ですし、周囲の光から受ける影響が小さい事で見易くなります。
広範囲で従来の設備と入れ替える事が出来れば、全体の電力に発生する無駄を削減出来ますし、環境に対して与える影響が小さくなるので、国内外で採用される事が多くなります。
季節に関わらず見易い事が求められますが、消費電力が小さくなった事で発熱量も減少していますから、冬場の影響が懸念されていますし、雪が付着した場合に溶けない事が問題になります。
対処法は考えられていますし、電気を使わず解決する事で無駄は抑えられますから、見易さと電力消費の無駄を省く両面で活用される事で、安全の交通を実現する事に繋がります。

コメントは受け付けていません。