障害(交通公害)の防止を図る 

交通公害とは、自動車・オートバイ・飛行機・船等の交通機関が原因で、騒音・振動・大気汚染などの問題が生じ、住民の健康や環境に被害が及ぶことです。
防止対策として、国は最高速度や積載制限などの規制・公害情報の収集・公害防止のための研究開発・新交通システムの導入・公害対策基本法の施行・道路運送車両法の保安基準の改正・有効な廃車処理システムの確立などを進めています。
しかし、交通公害はドライバー個人でも抑制することが出来ます。例えば、空ぶかし・急発進・急加速、急ブレーキ・急ハンドルをしないことは、エコドライブや安全運転にもつながります。
急発進から、穏やかにアクセルを踏んで発進させるだけで、燃費は10%程度改善します。
車間距離を空けることで、ムダな加速や減速が減り、燃費が改善します。
早めにアクセルを離すだけで、燃費は2%程度改善します。
車のエアコンの設定温度を冷やし過ぎない、暖房の際はエアコンスイッチをオフにする、無駄なアイドリングは止める、タイヤの空気圧を適正値にする、トランクに不要なものを置きっぱなしにしない、交通の妨げになる駐車をしない、これらをするだけでも燃費は向上し、環境への負荷も軽減します。

コメントは受け付けていません。